呑み」カテゴリーアーカイブ

義仲寺からの~

朝はまず、ツナとキュウリのオープンサンド。そして今日は午前中からお出かけしてきました。

お友達と待ち合わせて最初に向かったのは、義仲寺。大通りから一本裏に入った、普通の町並みの中に突然出てくるお寺です。

義仲寺という名前の通り、木曽義仲のお墓がここにあります。

そしてそのすぐ隣にあるのが松尾芭蕉のお墓。木曽義仲の隣に埋めて欲しいとのことで、ここに葬られたそうです。

こちらは翁堂。中には入れませんが、外から中を伺うことができます。

こちらの天井に描かれた四季花卉図は、伊藤若冲によるものだそうです。

周りには三十六俳人の絵が。

狭い境内に色々なものがギュギュギュっと押し込められているのにも関わらず、雑然とした感じはなく、なんだかゆっくりとした時間が流れていく不思議な場所でした。

その後、にぎり長次郎でランチ。戦いに備えてしっかり腹ごしらえ。

午後はこれ。先日の答え合わせじゃないですが、自分が高く評価したお酒が、全体からも高く評価されていたのかをチェック。そして蔵元さんとお話をしながらの試飲即売会。いや~、味見と称して、かなり良い気分になるまで飲みました(笑)。

味見をして気に入ったお酒を買ったら、こんなことになっちゃいました。持って帰ってくるの、めっちゃ重たかったです。これでしばらく日本酒には困らないな。

今日も可愛い

なんて可愛いお顔で寝てるんでしょう!朝のお散歩とトイレが終わり、お友達とも会ったし、いっぱい喋ったし、食事も済んだし、もう午後のトイレの時間まで、やることないから寝るんだそうです。

そしてこのベルベットみたいな手触りのお耳、たまりません。

後ろ足がややこしいことになって寝てますが、よくこれでリラックスできるわね~。

これはめっぽう美味しくて香りが良いお酒でした。はぁ、また呑みたい。

伏見で昼呑み

朝の恒例のお散歩は、アビーはバギーで。お友達の家の前で喋ってます。お友達もバギーが気になるのか、みんな覗いてみてました(笑)。

今日は伏見に住んでいるお友達とランチしてきました。ランチというより、呑む方がメインだった気がします(冷汗)。 行きの電車の中に、凄いファッションの人が・・・ 白黒の水玉パンツにカラフルな縞々のソックスにヒョウ柄のフラットって、おばはん、どういう組み合わせやねん!

ちょっとは文化的なこともするべきかと思って、まずは御香宮神社へ。菊と桐と葵の紋が並んでいるのに日本の歴史の面白さを感じ、細かい極彩色の飾りに見惚れていたら、神様にご挨拶する前に手と口を清めるのを忘れました。ごめんなさい。

その後伏水酒蔵小路でランチ。先日から気になっていた利き酒セットで、まずは自分の好みのものを探すことに。17種が一応飲みやすい順に並んでるのですが、最初と最後は違う意味で別格でした。日本酒度ー6の抱腹絶倒は、本当に笑っちゃうような味で、米のジュースかと思いました。日本酒が苦手、または初挑戦という「おなご」に飲ませやすそうなお酒ですが、これ飲みながら食事するのはあり得ない。一番最後の12年貯蔵ものは、ウイスキーになりたかった日本酒みたいな味と香りでした。まろやかで深みがあって、色んな味と香りが渾然一体となって、芳醇って感じ。これだけでもう一杯注文するには、かなり出世しないとダメそうな値段だったので、美味しいと思った鷹取で大吟醸を飲んでみました。味わい深いな〜。つまみも色々美味しかったのですが、鉄板焼きに付いてきた辛味噌をチーズに合わせるという暴挙に出た挙句、遂にはその辛味噌そのものをアテにしてしまいました。デザートには日本酒を使ったパンナコッタを頂いたのですが、これが甘過ぎずに日本酒の香りが活かされていて、とても気に入りました。

食後は商店街を喋りながらウロウロし、「ちょいと」買い物して帰ってきました。夜は買ってきたお弁当。あ〜、幸せ。

滋賀 地酒の祭典へ

今日はお天気も良くて、気持ちの良い日ですが。でもそんな時にアウトドアを楽しむのではなく、地酒を飲み比べて評価するという、面白いイベントに行ってきました。蔵元も銘柄も分からないようにしてあるお酒を、100種類近く味見して評価するのですが、あまりに数が多くて時間制限もある程度あるので、緊張感もありました。自分の好みと味や香りが良いお酒というのは、必ずしも一致するものではないので、そこがまた難しいところ。来月の答え合わせが楽しみではありますが。

帰りにお弁当買って帰ってきました。おこわのお弁当、大好きなんだな。

黄桜 伏水藏

先日オープンしたばっかりの、黄桜 伏水藏にお友達と行って来ました。待ち合わせ場所は中書島駅。駅の改札を出たところが既に、こんな素敵な景色です。

これが入り口。酒林とカッパがお出迎えしてくれます。予約しないといけないのですが、工場見学はセルフペースで説明を読むだけのタイプでした。

ここでランチが食べられるのですが、予約する時に時間だけでなくて食事も予約するので、席に着いて飲み物を注文すると、すぐにお食事が運ばれてきます。これはまあ美味しかったです。

そしてこれが飲み比べセット。友達とお酒の好みが違うので、喋りながら飲んで面白かったです。

工場見学の後は、レストランと物販のエリアに戻ってきて、今度はビールで乾杯。う~ん、日本のビールはどれを飲んでも水っぽいなぁ。

そして壁にはこんなディスプレイが。

結局、物販のところでグラスや枡、化粧品を買っちゃいました。あ~、楽しかった。

京都にお出かけ

今日は朝からお出かけ。お友達と待ち合わせて、京都国立博物館で「特集陳列 徳川家康没後400年記念 徳川将軍家と京都の寺社 -知恩院を中心に-」というのを見てきました。京都国立博物館の常設展をまだ見ていなかったので、今日はオーディオガイドを借りて、そちらも合わせて見てきました。常設展の方も、なかなか面白かったです。徳川とお寺っていうと、どうしても日光や上野ばかり考えてしまうけれど、京都のお寺も大切にされていたのですね。

博物館の後は、通りの向かいにある三十三間堂へ。中学の修学旅行以来かなぁ。千躰の観音様、改めて壮観だなぁと思いました。

その後は、錦市場へ。本当はやお屋の二かいというところでランチをしたかったのですが、なんと今年春に閉店してしまっていました。数年前からずっと行きたいと思っていたお店だっただけに、残念!そこで今日は、錦だいやすという牡蠣の専門店に行ってみました。立ち飲み屋にかなり近い感じのお店なので、じっくり座って話をしながら食べるような雰囲気ではありませんが、牡蠣以外の海鮮もあれば、京都らしいおばんざいもあって、日本酒も飲めて、なかなか素敵です。その後錦市場で色々とお買い物をして帰ってきました。楽しかった~。

2016_06_30

紫陽花

2016-06-18-06-46-05

我が家の庭に、紫陽花が咲きました。紫陽花、何箇所か植えてあるんだけれど、どうも今年はこれしか咲かないみたい。他に蕾が見当たりません。この色の加減、綺麗で好きだなぁ。

今日は大津市歴史博物館のれきはく講座で、「書写山圓教寺の仏像」というのに行って来ました。書写山は西の比叡山とも言われるところで、前々から一度行きたいと思っているところです。いつか西国三十三所を周ることがあれば、その時にゆっくりお参りできるかなとは思うのだけれど。仏像の裏や下の墨書は普段絶対に見られないところですが、そういうところや文献から仏像の辿ってきた歴史が分かって、とても興味深かったです。

2016-06-18-20-33-33

麒麟の一番搾りの滋賀づくりを飲んでみました。う~ん、日本のビールはどれも薄いな。黒ビール好きの私としては、物足りないです。

抜糸

2016_04_28

今日は午前の最後に病院に行って、アビーの抜糸をして頂きました。おでこのできものもついでに診て頂きましたが、すぐにどうかなるものではなさそうなので、引っ越し先でまた考えます。これでアビーの病院通いは、一旦終了です。

夜はビールでお祝い。帰国して初めて呑むお酒ですが、う~ん、イマイチ。やっぱり濃厚な味のビールが好きなので、こういう水っぽいのは苦手です。

来実さんは寝ているアビーの身体検査をしているようですが、アビーは完全に無視してます。お互いに、こんなに大きさは違っても両方共犬だってこと、絶対に分かってないですな(笑)。