お買い物」カテゴリーアーカイブ

博物館と陶器市

今日はお友達と待ち合わせて、京都国立博物館での、丹後の仏教美術という展示を観てきました。同じ京都府でも、海の方に行くとかなり大陸の影響を受けていたのだなというのが分かって、なかなか興味深かったです。

その後、五条坂の陶器まつりに行って、ちょこちょこお買い物。毎年この辺りの日にちにやるらしいですが、本日はもう最終日。

これでまたお料理も食事も楽しくなりそうです。傷物で安くなってるのもあるので、そういうのは普段おうちで自分で使うために。まあ、気にならない程度の傷だけど。

ランチはその近くの一期というお店で、鶏天和食定食。美味しかったけれど、ちょっと油がしつこかったかなぁ。暑いから余計に、さっぱりしてるものが食べたいと思うのかも。

他にもお買い物したりして、京都駅へ移動。帰りに京都茶寮でお茶してきました。選んだお菓子は、千本玉壽軒の朝の露。お抹茶は冷たいものを頂きました。暑い夏には、こういうガラスのお茶碗で頂く冷たいお抹茶も良いですね。

若冲展のはしご

昨日我が家に止まったお友達と、昼頃出発して京都へ。まずは、最初の目的地の近くにあったお店にふらっと入って腹ごしらえ。Gallery Cafe ROLLOTというお店で、サラダと冷製のチキンのスパゲッティを。粒マスタードが効いていて、チキンとの相性も良くて、なかなか美味しかったです。

食後は細見美術館で若冲展の鑑賞。弟子の作品と見比べることができたり、若冲の人となりが分かる文章の展示もあったりして、面白かったです。墨絵が多かったけれど。展示室が独立した部屋なので、人の出入りがある度に暑い外気が入るので冷房の効きが悪く、その点がちょっと快適ではなくて残念でした。あの美術館の構造の問題なのですが。見た目重視で、機能的に失敗したって感じかな。

美術館の最上階は、半分屋上のような、半分屋外の茶室があって、展示に合わせたオリジナルのお菓子を抹茶席で頂けるようになっています。今回は若冲が錦の青物問屋の出だったことと、代表作の動植綵絵にちなんで、松彌の綵菜という野菜を使ったお菓子でした。牛蒡と人参、蕗が使われていて、とても綺麗でした。

お茶の後は場所を移動して、今度は相国寺の承天閣美術館で若冲展を鑑賞。こちらには動植綵絵の復元が全部揃っていて、釈迦三尊像と共に相国寺での観音懴法の法要で使われる通りに展示されています。複製だからなのか、ほとんど人がいなくて、ゆっくりじっくり味わうことができました。

帰りに京都駅の伊勢丹に寄って、私が愛してやまないRF-1のサラダを買って帰りました。湯葉とじゃこのサラダ、美味しい~。

あ、これは昨日飲んだ日本酒。熟成したものなので、とても濃厚です。

こちらが今日のチラシ。

あ~大変だ

2016_04_03

今日は1日荷造りです。明日の朝には、日本向けの引越し荷物を取りにクロネコヤマトが来るので、今日は徹夜覚悟です。

お昼には、健ちゃんのパパとママがCanton Cook IIの鶏手羽の唐揚げ、豆苗の炒め物、シンガポールヌードルを差し入れてくれました。

そして夜は、同僚がCaribbean Chicken & Fishというところのジャマイカ料理を差し入れてくれました。実はジャマイカ料理、これがデビュー(笑)。日本じゃ食べる機会もないでしょうねぇ。チキンは美味しかったのですが、プランテーンは嫌いだし、ちょっと甘めのものが多くて、あまり私の好みではありませんでした。

2016_04_03

これは手荷物で持って帰る自分用のお土産。これも日本では買えないだろうなぁ。コンテナ船で赤道を何度か通過しながらエージングさせたバーボンです。一度にコンテナ船に載せられる数が決まってるので、希少価値があるのですが、どんなお味かは日本に帰ってからのお楽しみ。

お別れパーティー

2016_03_26_1

昼間は健ちゃんのママと、E. 48th Street Marketでお買い物とランチ。お買い物と言っても、私はここのモッツァレラチーズを買っただけれど。そしてランチには、ソプレッサータ、レタス、ローストした赤ピーマン、モッツァレラチーズが入ったサンドイッチを頂きました。う~ん、やっぱり美味しい。これが食べられなくなるのは、ちょっと寂しいなぁ。

一端家に帰って、夜の準備。買って来たチーズでサラダの準備だけして、アビーを連れてエマの家に。エマのパパとママが、私とアビーのお別れパーティーをしてくれたのです。職場の仲良しさんと、去年リタイアした人も引越し先から駆けつけてくれました。それから、アビーのフォスターママとパパも。アビーのことをとっても大事に思ってくれてるご夫婦なので、同じように大事に思ってる私のところに来たアビーは幸せだって言って下さるけれど、同じくらい引っ越しのことを心配してくれてるはずです。無事にお引越しが終わって報告できますように。来年には、日本に会いに来てくれると良いけれど。

2016_03_26_2

Mr. Jack Danielに会いに

Jack Daniel's

ウイスキー大好きな私達、今日はカントリーミュージックは完全に無視して、ホテルをチェックアウトした後は1時間半ドライブして、Jack Daniel’s Distilleryへ。ちょっとツアー開始まで時間があったので、ビジターセンターの展示を見たり、ボトルショップを覗いたりして時間つぶし。そしてツアーの所要時間はなんと1時間45分。写真撮影禁止のところがあったり、ハンドバッグ持ち込み禁止だったり、ケンタッキーのバーボンの蒸溜所とはかなり勝手が違ったのだけれど、ここのツアーも充実していてとても楽しかったです。最後はもちろんテイスティング。バーボンとテネシーウイスキーの違いも、初めて知りました。でもなんとも面白かったのは、ここがアルコール類の販売が禁止されている郡にあるということ。ビジターセンターにはボトルショップがあって、ちゃんとウイスキーは買えるのですが、これは例外なのだそうです。町には酒屋も飲み屋もありません。隣の郡に行けば何でも買えるので、可笑しな話なのだけれど。ツアーの後は、近くの店でロゴ入りグッズをちょっと買って、お友達のフライトに間に合うように、ナッシュビルへ逆戻り。

2015_12_14

もうお昼時というよりも夕方だったのだけれど、お腹が空いたので途中でWok N Rollというお店で中華料理を。ずっと洋食だったので、アジアの味がそろそろ恋しくなった私達だったのでした。

お友達を空港に送って行った後は、私は1人で5時間のドライブ。エマの家にアビーを迎えに行ったのは、もう夜の10時。アビーも持参したベッドでもう寝ていたので、最初は寝ぼけていましたが、ちゃんとお帰りの挨拶をしてくれました。そして一緒に帰宅。家に帰ってアビーもホッとしたのか、吠えておやつの催促をして食べたと思ったら、さっさと寝ちゃいました。明日から私もまた仕事なので、早く寝なくちゃ。今回の旅は、ものすご~く楽しかったです。またいつか、バーボンツアーしたいなぁ。ケンタッキーは、それはそれは素敵なところでした。

素敵すぎる~

今日は日曜日。午前中はどこも閉まってるので、朝はゆっくりです。お友達も私も、昨夜は早くにダウンしちゃったのに、今朝ものすごく早くに目が覚めるなんていうこともなく、しっかり寝ました。お陰で今日は2人とも体調万全。朝食後ホテルをチェックアウトして、今日は自分達でドライブしてまたバーボンの醸造所巡りを。途中は、こんな綺麗な景色のところ。車を停めて写真を撮っていたら、気が付いて寄ってきた方々が・・・

Landscape near Woodford Reserve Distillery in Versailles, KY

興味津々みたいで覗きに来たんだけれど、こっちが寄ると後ずさり。でも車に戻ろうと歩き始めると、また塀のところまで寄ってくる、可愛い牛さん達。でも誰も鳴かなかったなぁ。

My new friends near Woodford Reserve Distillery in Versailles, KY

今日最初に行ったのは、Woodford Reserve。ここのバーボンが大好きで、どうしてもここは外せないと思ってたのに、昨日のツアーには入ってなかったので、今日来たのでした。

Woodford Reserve

上品な飾り付けでちょっとお洒落で、ここの醸造所もとっても素敵でした。そして、買い物しまくってしまいました。ツアーもとっても楽しかったけれど、ここでしか買えないであろう、今年のスペシャルバーボンを3本も買って、もう大満足です。実はここはレストランもあって、とっても興味があったのだけれど、予約してなかったので今日は諦めました。でもツアーの後に、ここのカフェでランチ。お蕎麦とスモークサーモンのサラダ、とっても良い味付けでした。このスモークサーモンは、バーボンを作った樽でスモークしたものだそうです。そしてチリは、お肉も豆も沢山で、ここのバーボンを使って煮込んでいるそうです。私はあまりチリは好きじゃないのだけれど、これは食べてみなくちゃと思って注文。正解でした。初めてチリを食べて美味しいと思ったほど。そして一緒に出てくるコーンブレッドも。甘すぎず、油っぽすぎず、とうもろこしの自然な香りと甘みが感じられるもので、流石とうもろこしを毎日扱ってる場所だと唸らせる一品でした。次回来ることがあったら、絶対にレストランで食事した~い。

2015_12_13_1

食後はまたドライブしてFour Rosesへ。ここは建物やロゴがまた可愛らしいところです。こちらはキリンに買い取られたそうで、今のCEOは日本人女性なのですって。日曜日はみんな午後まで開かないのに、閉まるのは3時や4時。今日はもうツアーは無理でしたが、テイスティングだけしてきました。次回はここもツアーしてみたいなぁ。

Four Roses

最後にワイルドターキーまでドライブしたのですが、もう門が閉まっていたので断念。今夜の宿泊先に向けて、ドライブ開始。そしてナッシュビルのホテルにチェックインしたのは、もう7時過ぎでした。

折角ダウンタウンに泊まるってるのだからと、歩いて数ブロックのブロードウェイまで行ってみたのですが、そこも生バンドの演奏をしていて、あまり話をしながらゆっくり食事をする感じではなさそう。なので、近くのホテルの中のレストラン、Kitchen Notesに行ってみることに。

まずはビーツのサラダを。山羊のチーズとの相性はいつも抜群。美味しかったです。

2015_12_13_3

そしてメインはシュリンプ&グリッツ。大きなブリブリの海老がいっぱい入っていて美味しかったのですが、ものすごい量で食べきれませんでした。それにバターをいっぱい使っていて、なかなかヘビーだったし。旅行中だったので、残りを持って帰れなくて罪悪感いっぱい。でもね、あれはちょっと、喧嘩売られてるかと思う量ですよ。

2015_12_13_4

サイドにグリルしたオクラを注文したのですが、これは文句無しに美味しかったです。

2015_12_13_5

食後はThe Patterson Houseという隠れ家的なバーに行ったのですが、評判ほどには良くなくて、ちょっとがっかり。メニューを見ても、これは絶対に飲んでみたいって思うようなカクテルがないし、サービスがイマイチ。期待しすぎたのかもしれないけれど、がっかりしたので1杯だけで終わりにして、ホテルの部屋で飲み直しました。Four Rosesで50 mLのバーボンのボトルを買って来ておいて、良かったわ。

さて、ナッシュビルのダウンタウンに泊まってみたものの、カントリーミュージックにはまるで興味がない私達。明日どこ行こう?

バーボンツアー

朝起きるのが辛かったけれど、とっても楽しい1日でした。今日はミントジュレップツアーという会社のツアーに参加。バーボンの醸造所の見学とテイスティングに行くというのに、集合はなんと朝の7時半(笑)。出発は7時45分。というのは、ナパやソノマのワイナリーと違って、ここは醸造所から醸造所までの距離がかなり遠いところばかりなのです。最初の目的地までも、1時間20分のドライブだということで、車中でも色々とガイドさんが説明してくれました。私はまだ眠くてぼ~っとしてて、半分くらいしか話聞いてなかったけれど。

Maker's Mark

9時頃到着したのは、Maker’s Markです。景色もとっても綺麗でした。ビジターセンターの裏には、綺麗な猫ちゃんもいました。1時間くらいゆっくりじっくり説明して貰いながら、全工程を見せてくれました。発酵部屋では、発酵中のサワー・マッシュに指を突っ込んで、舐めてもいいよって(笑)。1日目、2日目、3日目と、発酵の度合いが違うと温度や見た目、味が違って面白かったです。バーボンについての知識がほとんどなかったので、バーボンの定義とか作り方、熟成など、色々と学べて良かったです。テイスティングも勿論楽しいし、ギフトショップでのお買い物も、目移りしそうに楽しかったです。ボトルの上のワックスがけ、ボトルを買えば自分でやらせて貰えるので、それもまた楽しいのです。ツアーの最後に通る廊下の天井、チフリーの作品が埋め込まれているのですが、とても綺麗でした。

次は、なんともう早めのランチの時間。行ったのはKurtz Restaurantという可愛らしいお店で、ツアーに組み込まれていました。見かけは可愛いけれど、食べ物はイマイチ。塩辛いカントリーハムは食べたくなかったので、チキンサラダサンドイッチをお願いしたのですが、マヨネーズが多過ぎました。デザートのチェスパイは甘過ぎで歯が抜け落ちそうだったし、ミントジュレップも甘過ぎ。それにキューブの氷でガッカリでした。サンドイッチじゃなくて、サラダとかの方が良かったなぁ。

食後はちょっと時間に余裕があるからということで、予定には入ってなかったHeaven HillのBourbon Heritage Centerに30分程寄りました。展示物がなかなか面白かったです。

Barton 1792

そしてその後は、Barton 1792でテイスティングだけ。ここのバーボンは、バターっぽい後味が特徴で、実は私は結構好き。最近1本ボトルが終わったところでした。味を知ってるので、飲んだことないのを味見させて貰いましたが、デザートっぽいのは別にバーボンじゃなくてもいいかなぁって感じ。

Jim Beam

本日最後の行き先は、Jim Beamです。朝行ったMaker’s Markとはちょっと趣が違って、もうちょっと工場っぽい感じ。でもここもとっても面白かったです。瓶詰めの工程をちょっとだけ手伝わせてくれたりするところも、面白いし。びっくりしたのは、バーボンの種類の多さ。テイスティングの時になって、困っちゃうくらい。ワインのディスペンサーを使ってるところも、面白かったです。12年ものとBondedっていうのを飲んでみたけれど、どちらも好き。でもバーボンの12年ものは、ちょっと珍しいですね。バーボンはスコッチやアイリッシュとは違って、年数ではなくて品質で出荷が決まるものなので。ここでは何も買いませんでした。だって、味見し切れないので、何を買っていいか分からないし。

今日のツアーが終わって解散したのは、5時半近く。いや~、楽しかったです。それでも飽きない私たちは、ミントジュレップツアーのギフトショップを覗き、町中のEvan WilliamsのBourbon Experienceに寄りました。もう閉まる直前だったので、ちょっと覗いただけだったけれど、クリスマスの飾り付けが綺麗でした。

IMG_5835

その後は、ランチの時のミントジュレップに不満があったので、ツアーのガイドさんに教えて貰ったProof on Mainというホテルにあるバーに行き、正統派のミントジュレップを作って貰いました。ホリデーシーズンの土曜の夜で、バーはてんてこ舞い。ニコリともしないバーテンだったけれど、腕は確かでした。大満足の美味しいミントジュレップを頂き、ついでにタコも食べました。

2015_12_12_1

こんな綺麗なバーです。

2015-12-12 18.20.36

2015_12_15_2

タコは火加減も丁度良く美味しかったのですが、これがどうも問題だったみたい。場所を変えて何か食べようかと歩き出したのだけれど、途中から気分が悪くなり、お腹も痛くなり、食欲がなくなってきました。結局近くのBluegrass Brewing Companyというバーでサラダだけを買って、ホテルの部屋に戻って食べようということになったのですが、注文したものができるのを待っている間、あまりの気分の悪さに私は外へ。サラダだけなのにものすご~く待たされ、その間になんとか私は復活しました。ところがホテルに帰る車の中で、今度はお友達が同じように具合が悪くなり、彼女は買って来た夕食も食べずに寝ちゃいました。私も結局は10時過ぎに就寝。きっと2人とも疲れていたんでしょうね。

Abby's first sleepover at Emma's place

アビーは早速マイペースぶりを発揮しているらしく、つまらなくなるとエマのパパに相手してくれと吠えておねだり。そしてみんなが家の中に居る時でも、お気に入りのスポットを庭に見つけ、なんと庭でお昼寝までしていたようです。庭でも探検したりせずに寝ちゃうあたり、アビーらしいです。

Abby's first sleepover at Emma's place

桃ちゃま・・・

今日は仕事から帰ってきて、ちょっとブルーになりました。いつも桃はダイニングルームに置いてある低反撥のベッドで寝ているか、起きてウロウロしていて、私が帰って来たのを見つけると玄関に来て歓迎してくれます。今日は歓迎がなく、ベッドを覗いたら空っぽ。でもどこかでチャリチャリと桃の鑑札の音がしてます。珍しく書斎のベッドで寝てるのかと思ったのですが、ふと見たらなんとサンルームで起き上がれなくなってました。普段あまり入らないサンルームにどうして入ったのかは分かりませんが、サンルームは絨毯が敷いてないので、滑って起き上がれず、そこでそのままおしっこも漏らしてしまっていました。すぐにお風呂まで抱いて行って綺麗に洗ってあげたのですが、お風呂から出てすぐに今度はカーペットにおしっこしちゃったので、サンルームで何時間か倒れていたのだと思います。かわいそうに。もしかしたら、サンルームで必至に起きようとしてる間に、また癲癇の発作を起こしてお漏らししてしまったのかもしれません。いつもおむつをしているのですが、おむつが外れちゃってました。一応、怪しげではありますが歩けているので、無理に起きようとして足を傷めたりはしなかったようです。

今日は久々に近くのWhole Foodsでお買い物したのですが、なんと半年ぶりに卵を買いました。オーガニックの卵って、半ダースでも3ドル以上する高級食材なのです。

禁酒法の終焉

2014_12_05_1

今日は、夕方から同僚と一緒に近所のコミュニティーセンターに行って来ました。難民が作ったものを売って、その収入で難民の経済的自立を応援するという催し物をしていたのですが、ネパールで手作りされたショールを見て、一目惚れして買いました。自分へのクリスマスプレゼントです。光の向きで色が変わって、とってもきれいです。こんな感じです。

その後は、ディナーに。Mac Mageeというアイリッシュパブに入ってみることにしました。私はメインディッシュを注文せずに、前菜やおつまみみたいなものをちょろちょろ食べることに。まずはマンハッタンを飲みながら、ビーツのサラダ。そしてその後はビールを飲みながら、スコッチエッグ、それにマッシュルームとゴートチーズのトースト。スコッチエッグはなかなかメニューにないので、思わず注文しちゃいました。こんな面倒なもの、自分では絶対に作らないしね。最後は、ギネスビールのクレムブリュレ。お~、これも美味しかった!

2014_12_05_2

途中からバーに入ってきた人が黒ラブの盲導犬と一緒だったんだけれど、その子がツヤツヤで可愛かった~。ハーネスを外して貰ったら休憩中なので、足元で静かに良い子にしてるんだけど、床に落ちてる紙ナプキンをビリビリに破いて遊んでました。いつも一所懸命にパートナーの安全確保をしてあげている盲導犬、一息付いて犬らしくしている姿を見ると、こっちもちょっとホッとします。

2014_12_05_3

今日は、1933年に禁酒法が廃止されたことをお祝いする日らしく、それを口実にみんな飲んでました(笑)。ま、飲むのが好きな人は、色々と理由を付けて飲む訳ですが、ちょっとこれは面白かったです。