日別アーカイブ: 2016年3月11日

延暦寺へ

坂本で見つけた懐かしい専売公社の看板

今日も特に用事がないので、思い切って朝から延暦寺に行くことにしました。初めての延暦寺、ちょっと私は興奮気味。今日は坂本ではなくて、松ノ馬場から坂本ケーブルの駅まで歩くことにしたのですが、その途中でこんな面白い看板を見つけました。専売公社時代の、塩の看板です。もう今では珍しいですよね。

ケーブルの駅舎も、旧字体で書かれた趣きのある建物です。

ケーブル坂本駅

ケーブルの車内からも琵琶湖が見えるのですが、山頂駅からの景色に素敵です。日本一長いケーブルなのですが、昔の人がここを登ってお寺を建てたって本当に凄いと思うし、この山に何年も籠もって修行するのも、凄いなぁと改めて感動。

ケーブル延暦寺駅からの景色

まずは根本中堂で不滅の法灯を見て薬師如来にご挨拶。それから文殊楼に上がって、文殊菩薩に智慧を授けて頂けるようにお願いを。ここの階段は凄く急で、まるで梯子のようでした。2階に上がったは良いけれど、下りるの怖いよぅ~。鐘楼で鐘を撞いてから大講堂へ。ここではちょうどお坊さんが開経偈から法華経の如来寿量品を唱えているのを聞くことができました。そして戒壇院を外から見学。これは最澄の思いがいっぱい詰まってる建物だと思うと、感無量です。更に階段を上って阿弥陀堂へ行ったら、どうやらここは法要中。法要中でもご自由にお参り下さいって書いてあったので、そっと扉を開けてみたら、喪服の人達が参列してて、お坊さんもいっぱい。いくらなんでもこれはなぁと、外から仏説阿弥陀経を聞くだけにしておきました。

ここで一隅を照らす会館まで戻って、比叡山麓鶴喜そばで比叡そばのランチを。セルフサービスのお店ですが、まぁまぁ美味しかったです。体も温まりました。

食後にもう一度阿弥陀堂に行ってみたら、法要も終わり他の参拝客もいなくて、大きな阿弥陀様を独り占めできました。なんて贅沢な時間なんでしょう。その後法然堂に行ってみたのですが、ここはちょっと寂れている感じがしました。お念仏の集まりも月1しかないみたいだし。

西塔エリアまで歩いて行き。山王院の外観を見学した後、浄土院へ。ぴーんと張り詰めた空気が漂う場所です。ここに12年籠るというのは、想像を絶する世界。椿堂に寄ってからにない堂の周りを見学して、釈迦堂へ。今日は横川エリアまで行くのは無理。冬の間はシャトルバスがなく、歩くと片道1時間半かかるのです。次回のお楽しみということで、東堂エリアまで戻って、無動寺谷に下りることに。まずは弁天堂へお参りして、明王堂へ。去年の秋に堂入りされた行者さんの様子は、ニュースで伝えられて居ましたが、何度もテレビや写真で見た明王堂が実はこんなに小さいお堂なのかと、ちょっとビックリ。ここにもの凄い数の信者さんが集まるのですね。谷に下りたということは、帰るのにはまた坂や階段を上らねばならない訳でして・・・キツイよ。でもここに住んでいる柴犬さんに会えて、ちょっと嬉しかったです。一所懸命匂い嗅いでたけど、アビーの匂いしたかな?

今日は良く歩きました。明日筋肉痛かも。境内の階段って、結構段差がきつくて、歩きにくいところが多いのです。私はスニーカーとジーンズだけど、法衣に草履のお坊さんたち、よくあんなところを涼しい顔して歩いてるなぁ。

今日の写真はこちらからどうぞ。

比叡山延暦寺